人気ブログランキング |

「救急搬送体験記 (第1弾)」   

「ゆったり。まったり。しなやかに。そして穏やかに自分らしく生きる。」


appyがそっと寄り添うと、happyになる。


はぁ~とセラピスト appyです。



1ヶ月ぶりの投稿になってしまいました。


気づいたらもう、7月です。



今日のテーマは「救急搬送体験記(第1弾)」です。



いやいや、自分でも何なのか訳が分からない状態が1ヶ月続いてしまいました。


とっても元気で充実して日々を送っていたのに・・・。


セルフケアも毎日行っている


私はセラピスト・・・。


b0211926_17341442.jpg




突然、襲ってきたのです。



めまい、立ちくらみ、目の前が真っ白、血の気が引いて行く・・・・。


呼吸困難、心臓ドキドキ、ちょっとパニック。



誰か~助けて~。


と言っても、誰もいない。



人間ってこうやって死んでいくのかな・・・。



まだ、やりたいことたくさんあるのにな・・・。



志半ば。まだ死ねない・・・。



断捨離もしてないし・・・。



こんな状態でも、色々と短い間に考えている自分がいる。



あ“~もう立っていられない。


ど~する?



そうだ!こう言うときには「#7119」へというポスターをみたことがある。


『救急車を呼ぶ前に救急の電話相談へ連絡しよう!』


『救急車を呼ぶべきかの相談が出来る電話番号が「#7119」』



#7119」に何度かけても繋がらない。



話し中だ。



世の中、そんなに具合の悪い人が多いの?



携帯でも掛けてみよう。



話し中・・・・・。



こんな意識もうろうとしているのに



iPadで検索・・・#7119が話し中の場合。



フツーに固定電話番号が記載してある。



即行、そこに掛ける。



出た!と思ったら、ゆっくりとテープが回っている・・・・。



あ“~~~~~もう、だめ~~とつぶやいた時



担当者が出ていた。



「どうしましたか?!大丈夫ですか?!」って。



上に記載した状況を話した。



「ドクターに相談します。少々お待ちください。」



と、待たされている間も、心臓ドキドキ、意識が遠のいて行く・・・・。



それでも、近くにあった血圧計で測ってみた。

b0211926_17342600.jpg


あ“~「200だ!」「大丈夫なの?私」



やっと電話口に戻ってきた人に、「今、血圧計ったらが200でした・・・」


(もう、不安と恐怖と心配で、ちょっと涙声・・・。)



「ドクターから、すぐ救急搬送された方がよいとのことなので、そのまま119番に繋ぎます!」って。



「動かないでじっとしていてください」って。



自分の中では、もうこれまで・・・という感じ。



それでも、動いてみた。



動けた。つかまりながら・・・。



フラフラしてる・・・。今にも倒れる・・・。



目がぐるぐる回っている。



それなのに、やるじゃないか、わたし。



携帯、iPad、充電器、財布、鍵をとりあえず布バックに入れた。



10分くらいだっただろうか、



救急車のサイレンが聴こえた。



そして、ピンポーンと玄関まで来ていた。



第2弾へつづく・・・


b0211926_12520488.jpg


みんなのしあわせがわたしのしあわせ


はぁ~とcaféappyhappy




by appyhappy | 2019-07-11 12:55 | 気づき

<< 「救急搬送体験記 (第2弾)」 「応援してくれる仲間たち」 >>